...
クレーン・コンベヤー等の搬送設備、鋼構造物、各種産業機械・プラントの設計・製作・据付・メンテナンス

2019-09-08
カテゴリトップ>産地>メキシコ
メキシコ ハリスコ州マグダレナ産 ファイアオパール【送料無料】

商品名

『メキシコ ハリスコ州マグダレナ産 ファイアオパール』

産地

メキシコ・ハリスコ州・マグダレナ 

内容量

約 0.69 g 3.45 ct(多少前後あります。)

寸法

約 9 × 9 × 7 mm(前後)

商 品 紹 介


☆メキシコ・ハリスコ州のマグダレナで現地買い付けをしました。

★透明度の高いファイアオパールの入荷です。地色は薄めのオレンジ、遊色はレッドとオレンジがしっかりと出ています。燃え盛るような、というよりは穏やかに包まれるような暖色が魅力のクオリティの高い個体です。

☆そのまま眺めるもよし、ケースに入れてお守り代わりに持ち運ぶのもよし、アクセサリーのパーツにするもよし、瞑想に使ったり、お守りにしたり、プレゼントにも最適です。



※オパールは非常に繊細な鉱物です。変色やひび割れを防ぐ為、直射日光や湿気を伴う場所での保管にご注意ください。
※実物の色に近づけるように撮影していますが、商品と写真とでは違った印象を受ける場合がありますのでご了承ください。
※サイズは良くお確かめください。

石 言 葉


オパール (OP)
別名:蛋白石
対応チャクラ:第三の目、心臓

・思考力を高め記憶を回復させる
・シャーマンが訪れる世界や危険な場所へのお守りとして使われてきた
・盗賊守護石
・希望、潔白、純潔の象徴
・古来は目の治療に用いられていた
・血液を浄化させ、月経前症候群やパーキンソン病を改善させるとされている

「オパールを持って石に意識を集中させ、自分の願いが実現した所を想像してください。願いは必ず実現します。」
 〜厳選101 パワークリスタル〜 著ジュディ・ホール より引用〜




メキシカンオパールを求めて鉱山へ!





メキシコの雄大な大地から産み出される魅惑的な游色をまとったメキシコ産オパール。オパールの名前の由来はラテン語での「OPALUS」、そしてその元をたどるとサンスクリット語で「宝石」を意味する「UPALA」とされています。

かつて古代アステカ文明が栄えたこの地ではファイアーオパールは太陽の化身としてアステカ族の人々に崇められていました。そして彼らはその多彩な遊色を持つこの石を、アステカ文明で霊鳥とされる蜂鳥にちなみ「ハミングバードの宝石」と名づけ、長い間重宝し続けていました。



主に赤やオレンジ系の地色に虹色の游色が浮かぶ、メキシコオパールを象徴する情熱的な印象のファイアーオパール。無色透明または水のようにやや青がかった地色に神秘的な游色を持つウォーターオパール。そして、メキシコの大地を母岩として身にまとったカンテラオパールがあります。



PLAY OF COLOURと呼ばれる虹色に揺らめく游色と母岩部分のコンビネーションにより、各ピースがそれぞれ異なったの魅力を持っているのがオパールの魅力の1つでもあります。



透明のオパライズ化した部分に白い包有物が浮かぶエッグオパール、スペイン語ではOPALO PAISAJEと呼ばれカンテラオパールの内部の母岩が風景画のように見えるもの、乳白色の地色に細かな游色がミルキーウェイのように流れ浮かぶもの、ごく稀ですがブラックオパールなど、本当に様々な種類が産出されます。



このように他とは一味違ったレアなピースを探すことのできる魅力のあるメキシカンオパールを、現地の鉱山まで直接行って買い付けてきました。





メキシコ産オパールはケレタロ州やハリスコ州周辺が有名な産地として知られており、鉱山は山岳地帯、または砂漠地帯にあります。



乾燥地帯である鉱山付近は、爽快な青い空とは対照的に大地はやや赤土を含み力強さを感じさせます。



すでにメキシコでは長い歴史を持つオパールのマイニングですが、いまだに採掘の最終段階は常に人間の手による発掘になります。こちらの鉱山では、大量の水をまき土壌を柔らかくした後に重機により穴を掘り、採掘を始めます。



その後はハンマーを持った採掘者たちの手作業によって1つ1つ原石が発見されていきます。



周辺はテキーラの原料となる多肉植物「アガベ」の産地として知られるテキーラ村などがあり、それからも分かるように、乾季の日中の日差しは非常に強く過酷な中での採掘作業となります。一日中通しての採掘作業でも何も発見できない日も多々あるとのことです。



赤土が混じったような土質の山肌を近くで見ると、乾燥していてポロポロと崩れているところもあります。こちらの鉱山を案内してくれた友人の話では、危険を伴う作業のため事故も少なくなく、この場所でも、数か月前に友人の一人が穴の中での作業中に壁が崩れ命を落とした、と話してくれました。



今回、長年地中で作られてきた貴石を、死の危険と隣り合わせという過酷な条件の元1つ1つ手作業で発掘していくというプロセスを知り、いかにオパールが稀少で貴重かという事を改めて感じたし、1つ1つのピースに愛着が湧くきっかけにもなりました。



現地では近隣にある鉱山から採掘したオパールの原石を加工する工房があり、工房と直売店が一緒になっている所もります。 そのようなお店や知り合いの業者の工房や家を訪問し、オパールの買い付けをしていきます。



顔なじみになった業者を訪問すると、常にタコスやセビッチェ等のメキシコ料理を振る舞ってくれ、時にはテキーラで再会の祝杯をあげつつ楽しい時間のなかで1つ1つの石たちを確認し選んでいきます。



現地に赴き買い付けを行うことにより直にオパールが産出される大地を体感でき、また業者の方々とも直接会話を交わし、まるで友人同士のような親しい関係を築いていけるメキシコ人の人の良さに改めて感銘を受け、非常に有意義な体験になりました!



メキシコ(Mexico) マグダレナ(Magdalena) ルース 現地買い付け 10月誕生石 神秘の輝き
当店通常価格32,000円 (税込34,560 円)
価格
32,000円 (税込34,560 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で対象エリア外へのご注文は、毎日15:00までのご注文で翌日の配達となります(あす楽)
3〜5営業日で発送
残りあと1個です
個数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

Copyright © 株式会社 高橋製作所 All Rights Reserved.
S
S